【デュエマ】今からデュエマを始める君へ(ヘブンズ・ゲート

スタートデッキでは大体5~7マナくらいでフィニッシュするデッキが多いです。
順当に展開して、順当に6マナくらいのクリーチャーを出して・・・みたいな
でも、もっともっと大きなクリーチャー使いたくないですか?

そんな夢をかなえてくれるのがコレ、ヘブンズ・ゲートです。
効果は単純。
手札から光のブロッカーを2体まで出せます。
しかもコストの制限がありません。
今日もお手軽、お安く作っていきましょー

・・・ざっくり構築・・・

4:純白の翼キグナシオン
3:音感の精霊龍エメラルーダ
4:音奏ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」
2:二重音奏 サクスメロディ
3:審判の鎮り新蓮/ジャスティス・シェイパー(エナジーライトでも)
4:星門の精霊アケルナル/スターゲイズゲート
3:闘門の精霊ウェルキウス
4:人工化学兵器 ナノクローン
1:時の法皇 ミラダンテXⅡ
ST
4:レインボースパーク
4:ヘブンズ・ゲート
4:静寂の精霊龍カーネル

GR(各2
2:サヴァクティス
2:破邪の意志 ティツィ
2:白皇鎧の意志 ベアスケス
2:防護の意志 ランジェス
4:メタリカならなんでも

・・・使い方・・・

ドロー、門で出して、殴る。がコンセプトです。


序盤は適当にジャスティスシェイパーしたりしてドローしながら、ゆっくりスタート。

5~6マナでスターゲイズ、ヘブンズゲートを使ってブロッカーを出します。
殴ります、以上。

・・・解説:ドローカード・・・

今回使うのは下面。
光文明が高いので2枚は手札に加わるはずです。
ジャスティスシェイパーで新蓮を加えられるので、次のターンにも使えます。
スタートデッキには3枚だけど、4枚ほしい。

強い、安いの良カード。
Sトリガーでターンを稼いだり、普通に使って2ドローしたり。

・・・展開カード・・・

もうひとつの門カード、スターゲイズ・ゲート。
上下ともにヘブンズゲートと相性がよくて、アケルナルは毎ターン戦力を拡大してくれます。

・・・出すカード・・・

出たら1ドローとブロッカー展開するウェルキウス。
レインボースパークでタップしたクリーチャーを倒して展開も。
単純に1ドローだけでも割と強かったり。

シールドと手札を交換できるドラゴン。
この時、Sトリガーを使えるからヘブンズゲートを使えるぞ!
どっちの効果も「よい」の任意なので、手札を増やすだけでもシールドを増やすだけでもオッケー。

使うのは音奏ハイオリーダのほう。
ざっくり場に出たらシールドとGRクリーチャーが1枚ずつ増えるってかいてある。
エメラルーダや名のクローンと組み合わせるのも強い。

二重音奏サクスメロディ。
私はいつもサクロメロディって間違えてる。
ヘブンズゲートで出したら2回GR召喚できる。強い
ドラゴンなのもいいところ。

超GRスタ-トデッキ:キラとの相性もいいナノクローン。
ブロッカーなのでここでも使えます。
効果は地味だけど、シールドを増やすのはビートデッキに割りと不快絶望を与えます。地味強。
サクスメロディで展開した後に手札から出すことも視野に入れましょう。

・・・その他・・・

時の法王ミラダンテ12。
あまりの強さで殿堂(デッキに1枚制限)入りしてしまったカード。
ゲートで出したコスト5以上のドラゴンと交代で登場して相手に強烈な制限と、アドをくれるやばい人。
殿堂じゃない頃はミラダンテとミラダンテが毎ターン、シフトを組んで相手を苦しめていた。

・・・防御札・・・

カーネルはSトリガーのドラゴン。
自身のブロックと効果でそのターン2回の攻撃を阻止できる強カード。
ビートデッキ相手にトリガーしたらミラダンテとチェンジして絶望させたい。

ビート相手にそっと出しておきましょう。
相手の手がそのターンは止まります。
突っ込んできたら相手が絶望するよ(大体)

ゲートで出したクリーチャーでGR召喚するから、条件は達成しているはず。
シールドを増やしてビートを絶望させよう。

・・・・・・

今回は紹介したのは新兎が考えるお手軽ヘブゲです。
というのも、ヘブンズゲートって組む人手採用カードがだいぶ変わるんですよね。

このトランパトラやエンペラー土偶朗はGR召喚2回確定のブロッカー。
サクロメロディやハイオリーダと一緒に4枚積んでGR召喚特化にしたら、前に紹介したギラミリオン・ギラクシーで殴っていったりもできます。

これも踏み倒しカードの1枚。
光のドラゴンを出せます。
このデッキでもサクスメロディやカーネル、エメラルーダが対象です。
光のドラゴンについてはまた今度。

・・・・・・

はじめは安く初めて気に入ったら強化していこ~