【遊戯王】《デス・キャスター》は「暗黒界」で大活躍できそう。効果で手札を捨てて展開!

遊戯王
遊戯王

 

《魔界特派員デスキャスター》 
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
効果モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりに自分フィールドの悪魔族モンスター1体をリリースできる。
(2):「魔界特派員デスキャスター」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。 自分の手札を1枚選んで捨て、対象のモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。
新兎
新兎

効果1だけでも価値がある《デス・キャスター》・・・ですが、やっぱり悪魔族デッキでこそ真価を発揮できるってな感じ。
さらにさらに効果を読んでみれば、効果2で捨てる手札は「効果」の方。
と、なれば利用しない手はないですね。

新兎
新兎

暗黒界!!
ストラクRデビルズ・ゲートは近日発売!!

新兎
新兎

「暗黒界」には《スノウ》を筆頭に手札から捨てられるとサーチしたり、ドローしたりできるギミックがあり強力。
ですが、それも「捨てられるカード」と「捨てるカード」の噛み合いがあってこそなのでエクストラに「捨てるカード」を確保できるのはいいですね。

新兎
新兎

《デスキャスター》の素材はかなり自由度が高いけど、シナジーを考えると《デスガイド》が最適か。
《デスガイド》で《魔サイの戦士》や《オクトロス》を呼び出してリンク素材にするとそのまま手札コストか蘇生先が確保できますね。

《暗黒界の魔神王 レイン》 
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守1800
(1):このカードは自分フィールドのレベル7以下の 「暗黒界」モンスター1体を持ち主の手札に戻し、墓地から特殊召喚できる。
(2):このカードが効果で墓地へ捨てられた場合に発動できる。 デッキから「暗黒界の魔神王 レイン」以外のレベル5以上の「暗黒界」モンスター1体を手札に加える。 相手の効果で捨てられた場合、さらに自分のデッキ・墓地から レベル4以下の「暗黒界」モンスター1体を選んで自分または相手フィールドに特殊召喚できる。

新兎
新兎

《暗黒界の魔神王 レイン》は手札、墓地のどっちに合ってもお得。
今のところ公開されているカードを眺めると場の《小型の暗黒界》を手札に戻して《レイン》特殊召喚、さらに《レイン》を手札に戻して《グラファ》を特殊召喚・・・
こんな感じで芋づる式に手札を増やせるのが強いので、この辺りを成立させたいところ。
まあ、結局のところ手札1枚でどうこうではなくカードの組み合わせで戦う事になるので、《暗黒界の登極》による融合、《暗黒界の文殿》でのドローを狙いたいですね。

新兎
新兎

《デス・キャスター》を確保して「暗黒界」ストラクに備えろ!!

新兎(にぃと)をフォローする

新兎
新兎
ポチってくれると助かるゾ。

モチベにつながるのだー



遊戯王ランキング

新兎のきままにサブカル!【遊戯王、ヴァンガード、デュエマ、TCGブログ】

コメント