【遊戯王】ランク4で闘う硬さと破壊の「ライゼオル」!とりあえずのエクシーズからターン1のない除去効果が強そう。

遊戯王
遊戯王

 
《ライゼオル・デッドネーダー》 
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/炎族/攻3000/守2500
レベル4「ライゼオル」モンスター×2体以上
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚した場合に発動できる。 自分の墓地のモンスター1体をこのカードのX素材とする。
(2):相手がカードの効果を発動した時、 このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。
(3):自分フィールドのXモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

新兎
新兎

圧倒的エース感。
とりあえずコイツを立てて、できれば効果1で素材3つにしとけって感じでわかりやすい《デッドネーター》。
効果2はターン1制約のない除去効果。これはいい、わかりやすい。
相手が効果を使えば1破壊。普通に出して2破壊。効果1で素材を増やしていれば3買い物破壊も狙える。
過剰素材でエクシーズしてもいいし、強つよですね。
しかも、攻撃力3000とかいうゴリマッチョであり、破壊を素材1つで痴漢できる我慢強さも持ってて偉い。

《ライゼオル・デュオドライブ》 
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/雷族/攻2500/守2000
レベル4モンスター×2体以上
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚した場合に発動できる。 自分の墓地の「ライゼオル」モンスター1体をこのカードのX素材とする。
(2):このカードのX素材の数×100だけ、 自分フィールドのモンスターの攻撃力はアップし、 相手フィールドのモンスターの攻撃力はダウンする。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 自分フィールドのX素材を2つ取り除き、 デッキから「ライゼオル」カード2枚を手札に加える(同名カードは1枚まで)。

新兎
新兎

なんやかんや言っても《デッドネーター》は名称指定のランク4エクシーズ。
そんなモンスターを出すのは難しいよなぁ?(簡単)
そんなエースを支えるのがこの《デュオドライブ》、
素材は何でもいいから普通にランク4エクシーズするだけで出せます。
なので既存のランク4製造機(暴論)を使ってもOKです。

その効果は効果1が素材の補充効果。
後述の蘇生札と相性がいい効果ですね。
効果2はバフとデバフ。
数値自体はそんなに大きくはないように見えるけど、2つの素材があれば合計400差。
3つで600差なのでたぶん思ってるよりも厄介。
なんなら、《デュオ》君を並べて数値を2倍に持ってもいいし、効果3はそれを可能にしてくれるサーチ効果。

で、重要な効果3は2枚ものテーマカードのサーチ。
なので汎用ランク4で出して、「ライゼオル」につなぐ動きが可能。
サーチ先は後述。
吐き出す素材は自分フィールドなら何でもいいのが有能。

《ライゼオル・プラグイン》 
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地・除外状態の、Xモンスターか「ライゼオル」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。
その後、デッキから「ライゼオル」カード1枚を自分フィールドのランク4のXモンスター1体の素材にできる。 このターン、自分はランク4のXモンスターでしか攻撃宣言できない。

新兎
新兎

2種類しかないから先に魔法・罠を見てみよう。
まずは蘇生札《ライゼオル・プラグイン》。
Xモンスターの蘇生ができるし、「ライゼオル」のXモンスターは特殊召喚すると素材を補充できる。
さらに蘇生後、好きなランク4に素材を補充できちゃう優れもの。
これで《デュオ》のサーチ効果を成立させたり、ターン1のない《デッドネーター》の破壊効果を再臨させたりとかなり嫌な顔をされそう。
蘇生先が除外からも可能なので、破壊耐性があるからと除外するって選択肢も必ずしも強くないのがなんとも(一定の嫌な顔はされると思うけどね)

《ライゼオル・ホールスラスター》 
通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「ライゼオル」Xモンスターの数まで、 相手フィールドの表側表示カードを対象として発動できる。 そのカードを破壊する。
その後、自分の墓地から「ライゼオル」カード1枚を自分フィールドのランク4のXモンスター1体の素材にできる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。 「ライゼオル」モンスターを含む自分フィールドのモンスターを素材としてX召喚を行う。

新兎
新兎

パッと見よくある感じの条件付き破壊罠《ホールスラスター》。
いやぁ、すごい、汎用ランク4の《デュオドライブ》からサーチすると破壊の1妨害が構えられる。
割とそれだけでも優秀だと思います。
なんと言ってもサーチ数は2枚。なので、展開札と、除去札を同時に抱えられるわけなので・・・

効果2は墓地効果でX召喚を行うもの。
罠かつ使用タイミングをなにも指定していないので、バトルフェイズに使って打点を伸ばしていくって使い方もできて優秀。

新兎
新兎

相手ターンに使うなら《バグースカ》でいい気もするけど、《ラプラシアン》も強いっすね。
たぶん《バグースカ》でいいけど。

《ソード・ライゼオル》 
効果モンスター
星4/炎属性/雷族/攻1500/守 200
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、 (2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールドか墓地に「ライゼオル」モンスターが存在する場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。 この方法で特殊召喚したターン、自分はランク4のXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。 デッキから炎族・光属性モンスター1体を手札に加える。

新兎
新兎

フィールドどころか墓地に「ライゼオル」があると特殊召喚できちゃうやべーやつ。
縛りとしてランク4しか使えなくなるのはやや辛いけど、ランク4には《バグースカ》や《ヴェルズビュート》があるし・・・まあ?
そしていわゆるエアーマン枠。
ただし、自身は炎属性の雷族なので同名サーチは不可。
ちゃんとしてますねぇ。

ノード・ライゼオル》 
効果モンスター
星4/炎属性/雷族/攻1400/守1600
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、 (2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールドか墓地にXモンスターが存在する場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。 この方法で特殊召喚したターン、自分はランク4のXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送り、 「ノード・ライゼオル」以外の自分の墓地の「ライゼオル」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。

新兎
新兎

ソード君でサーチできないので、《ノード》君は《ソード》君とは友達ではないようです。
こちらも手札からの特殊召喚が可能ですが《ソード》君よりはやや条件がきつめでエクシーズモンスター指定。
まあ、いうてテーマ的に問題はないか。そして同じ縛りが発生。
効果2はコストが必要なものの起動効果で1蘇生。
これでエクシーズを狙おうって事か。
コストがいる割に効果が無効状態での蘇生だったりやや弱めなカードデザインに感じるが・・・?

《アイス・ライゼオル》 
効果モンスター
星4/光属性/炎族/攻1700/守1000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、 (2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送り、手札から特殊召喚できる。 この方法で特殊召喚したターン、自分はランク4のXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚した場合に発動できる。 デッキから「アイス・ライゼオル」以外の「ライゼオル」モンスター1体を特殊召喚する。

新兎
新兎

光属性・炎族なので《ソード》君のお友達。
効果1は自身を特殊召喚する効果ですが、コストが必要。
効果2は召喚時限定でデッキから「ライゼオル」を特殊召喚する効果。
しかも、なぜか効果を無効にしないまま・・・??

効果1と2がかみあってないけれど、ガチ強いカードですね。
《アイス》召喚で《ソード》特殊召喚で1サーチ。
うん、つよい。

《エクス・ライゼオル》 
効果モンスター
星4/光属性/炎族/攻 500/守2000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、 (2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはEXデッキのXモンスター1体を墓地へ送り、手札から特殊召喚できる。 この方法で特殊召喚したターン、自分はランク4のXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚した場合、 レベル4・ランク4のモンスター以外の表側表示モンスターが自分フィールドに存在しなければ発動できる。 デッキから雷族・炎属性モンスター1体を手札に加える。

新兎
新兎

同じく《ソード》君のお友達の《エクス》君。
エクストラデッキからエクシーズモンスターを落としながら自身を特殊召喚するという神業を見せつけます。
エクシーズモンスターの身が指定でありランクは何でもいいのが驚きで《アグリゲーター》を落とすと相手の盤面に触れます。
また、こういった墓地誘発を落として特殊召喚すると自身の特殊召喚時効果に直接チェーンする効果(うらら)を使わせません。
やべぇやつだ・・・
墓地へ送ってうれしい効果持ちは《アグリゲーター》と《リバリアン》あたり・・・?
そんな蓋しながら使える効果2はサーチ効果であり、《ソード》、《ノード》をサーチ可能。
まあ、動きや特殊召喚条件から、とりあえず《ソード》君の優先度高めか。

《パルマ・ライゼオル》 
特殊召喚・効果モンスター
星4/炎属性/雷族/攻1200/守2400
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・墓地から「ライゼオル」モンスター1体をデッキ・EXデッキに戻した場合に特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分はランク4のXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。 手札・デッキからレベル4モンスター1体を墓地へ送り、 その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をバトルフェイズ終了時までアップする。

新兎
新兎

《エクス》くんで墓地に「ライゼオル」を墓地に送ったならそのまま特殊召喚できるのが、この《パルマ》君。
単純にエクストラデッキ枠の節約にもなるしデッキ回復でサーチ先を確保したりで役割は十分だね。
また、このカードの縛りは永続効果であり、盤面から消えたら、一応消えるけど・・・まあ、他でもかかるし気にするほどじゃないか。

効果2は「このカードの」戦闘時にデッキからレベル4を墓地に送って自身をパンプ可能な効果。
落として誘発できるカードならあれこれうれしいことがあるかもだけど、う~ん、いうてバトルフェイズを挟むからなぁ・・・いうほどいい効果でもないと思います。

3:ソード・ライゼオル
1:ノード・ライゼオル
1:パルマ・ライゼオル
3:アイス・ライゼオル
3:エクス・ライゼオル

2:篝火
1:ライゼオル・プラグイン

1;ライゼオル・ホールスラスター
新兎
新兎

とりあえずサーチ効果持ちの《ソード》《アイス》《エクス》に関しては3枚。
うち《アイス》《エクス》をサーチする《篝火》も採用。
《デュオ》でサーチできる妨害、蘇生札は各1枚。

《ノード》《パルマ》は2手目以降のカードなので1枚ずつって感じかな。
メインデッキはここに誘発やら入れていけばよさそう。

新兎
新兎

動き的には《アイス》か《エクス》→《ソード》で《デュオ》をX召喚。
《ホールスラスター》と《ノード》をサーチ。
《ノード》特殊召喚→《デュオ》コスト、1蘇生で《デッドネーター》をX召喚して素材1つ補充。

・3素材の《デッドネーター》→反応待ち3破壊
・《ホール》→2破壊罠。

新兎
新兎

《ソード》召喚→《エクス》サーチ
《デュオ》X召喚→《ホール》ノード》サーチ。
《ノード》特殊召喚→1蘇生し、《デッドネーター》X召喚で3素材に。

《篝火》対応初動同じ盤面。

新兎
新兎

こんな感じで3枚採用の初動で再現性の強い動きができるし、ここに汎用エクシーズが加わるからやれること自体は多そう。
ただ、現状のランク4のプールでできることがこの盤面を超えるかは謎。
相手ターンに《プレアデス》になれる《プトレマイオス》あたりは有力な方?

召喚権を使わずにランク4を立てれたなら《デュオ》からの《アイス》召喚で圧倒的展開力を見せてくれそうですが・・・

なににせよシンプルな展開+硬さと破壊の暴力で闘うエクシーズデッキなので普通に強そうです。
G受けに関しても《デュオドライブ》のエクシーズができれば最低限の1妨害ができるわけですし。

新兎(にぃと)をフォローする

新兎
新兎
ポチってくれると助かるゾ。

モチベにつながるのだー



遊戯王ランキング

新兎のきままにサブカル!【遊戯王、ヴァンガード、デュエマ、TCGブログ】

コメント