【遊戯王】ついに墓地へアクセス可能になった《磁石の戦士ε》!レベル3「電磁石」と併せて大量展開だ!!

遊戯王
遊戯王

 
《磁石の戦士ε》 
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1300/守1500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 デッキから「磁石の戦士ε」以外のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードはエンドフェイズまで、墓地へ送ったモンスターと同名カードとして扱う。 その後、同名カードが自分フィールドに存在しない、 「マグネット・ウォリアー」モンスターまたは「磁石の戦士」モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚できる。

新兎
新兎

コストでデッキから「マグネット・ウォリアー」を墓地に送り、名称変更。
さらに盤面に同名がいない仲間を呼び出すことができる!すごい。
名称変更があるため、単体だと墓地に送ったモンスターを即蘇生って動きはできないのですが、まあ、普通はそうですよね。

《電磁石の戦士β/Beta the Electromagnet Warrior》 
効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻1500/守1500
「電磁石の戦士β」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「電磁石の戦士β」以外のレベル4以下の 「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を手札に加える。
(2):相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。 デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。
新兎
新兎

レベル3の「電磁石の戦士」は相手ターンに自身をリリースし、レベル4を特殊召喚できるため、雑に相手ターンに3体並べつつ
サーチだとかのおまけがついてくるのはなかなかに優秀か。
まあ、相手ターンに小型が3体並んでも・・・という気持ちも山々なのですが、そのあたりは罠カードなんかで守るしかないか。あくまでも、最低でもできる動きって感じですし。
《β》ならサーチ効果があり、合計手札が2枚増える。
次ターンにはやりたい放題だぁ・・・!

新兎
新兎

「マグネット・ウォリアー」はサポートカードによる展開力もあるし、結構よさげ。
同じレベルが並べばランク4は《御影志士》、ランク3は《ゴルゴニック・ガーディアン》を使いやすいのが「マグネット・ウォリアー」のいいところですね。

新兎(にぃと)をフォローする

新兎
新兎
ポチってくれると助かるゾ。

モチベにつながるのだー



遊戯王ランキング



新兎のきままにサブカル!【遊戯王、ヴァンガード、デュエマ、TCGブログ】

コメント