【遊戯王】「スターダスト・ドラゴン」「セイヴァー」「シューティング・スター」に強化!!一部やばいカードが混ざってる気がする【DAWN OF MAJESTY】

遊戯王
遊戯王

 
新兎
新兎

「スターダスト」=【ジャンクドッペル】・・・ではないのですがなんという奇遇。
これは運命か?

新兎
新兎

こっちもよろしくぅ!!

新規カードのざっくり感想

《想い集いし竜》

《想い集いし竜》 
チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
自分は「想い集いし竜」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、 このカードをS素材とする場合、「セイヴァー」モンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分フィールドにレベル8以上のドラゴン族Sモンスターが存在する場合、 さらにデッキからドラゴン族・レベル1モンスター1体を特殊召喚できる。
新兎
新兎

ついに来たねぇ、《セイヴァードラゴン》リメイク。
効果②により、「セイヴァー」系2体のシンクロ素材が一気に揃う優れもの。
《ライブラリアン》で引いて良しの性能。
《黒鋼竜》を呼び出すと《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》まで呼べて懐かしの【カオスジャンド】みたいなことができるかも。

《スターダスト・シンクロン》

《スターダスト・シンクロン》
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、 自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「スターダスト・ドラゴン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。
新兎
新兎

《調律》対応の新規「シンクロン」で、しかもレベル4。
効果①で盤面と入れ替えで場に出せるのでシンクロが狙いやすい!
効果②でサーチができるものの、指定がきっちり「スターダスト・ドラゴン」なので既存だと《スターライトロード》《集いし願い》くらいかな?
今回増えた新規カードに注目だぁ!
《ジャンク・スピーダー》で手札が増えるなんてずるい!

《スターダスト・トレイル》

《スターダスト・トレイル》
効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻 500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドのモンスターがリリースされた場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードをS素材として「ウォリアー」、「シンクロン」、「スターダスト」SモンスターのS召喚に成功した場合に発動できる。 自分フィールドに「スターダスト・トークン」(ドラゴン族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
新兎
新兎

さきほどの《スターダスト・シンクロン》と相性のいいモンスターですね。
あちらが効果で特殊召喚すると、条件を満たしてこちらも登場してレベル8シンクロを・・・と。
この《スターダスト・トレイル》のほうは縛りが発生しないので、X素材にすると除外を回避できるけど、なんか都合のいい相方いたっけ?
リリースと聞くと「六花」が思い浮かぶが、あっちが植物縛りするしなぁ。
効果②は《シューティングスター》や《セイヴァースター》への布石ですね。

《シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン》 

《シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン》 
シンクロ・効果モンスター
星11/風属性/ドラゴン族/攻4000/守3300
「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」+ドラゴン族Sモンスターを含むチューナー以外のモンスター1体以上
このカードはS召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、発動できる。 相手フィールドの効果モンスター1体を選び、その効果を無効にする。
(2):このカードは通常の攻撃に加えて、 自分の墓地の「スターダスト・ドラゴン」及びそのカード名が記されたSモンスターの数まで攻撃できる。
(3):1ターンに1度、相手が効果を発動した時に発動できる。 このカードをエンドフェイズまで除外し、その発動を無効にし除外する。
新兎
新兎

きちゃ!今回の目玉!!
世界を暗闇から救世するかがやけし竜!!

新兎
新兎

うるさいよ。

新兎
新兎

あ、はい。
多少の縛りがあるものの、元ネタたちと比べると汎用寄りの素材指定。
そしてレベルが11。
これは「セイヴァードラゴン」+「シューティング・スター」を想定しているのか?
なるほどなるほど。
《リミット・オーバー・ドライブ》でも出せるけど、なににしてもリメイク含めてあいかわらず《セイヴァー・ドラゴン》の方がネックになりそうだね。

新兎
新兎

効果も名前の通り《シューティング・スター》《セイヴァースター》の間を取った感じに仕上がってますね。使命感に駆られているのか、今回はちゃんと残業します。
効果①は遅いものの、あって困ることのない効果無効化。
効果②は攻撃回数の追加。
打点4000の連続攻撃は圧巻・・・だけど、条件となる指定モンスターが《スターダストドラゴン》自身、《シューティング・スター》《セイヴァースター》と、このカードの4種。
2回攻撃出来たらいいかくらいで考えるといいかも?
効果③は、相手の発動した効果なら何でも無効にして除外。
使いやすい効果だぁ・・・効果①にチェーンされてもこれで安心?

《光来する奇跡》

《光来する奇跡》
永続魔法
(1):このカードの発動時の効果処理として、 手札・デッキからドラゴン族・レベル1モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。
(2):お互いにフィールドの「スターダスト・ドラゴン」及び そのカード名が記されたSモンスターをEXデッキに戻す事はできない。
(3):Sモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。 以下の効果から1つを選んで適用する。 このターン、自分の「光来する奇跡」の効果で同じ効果を適用できない。
●自分はデッキから1枚ドローする。
●手札からチューナー1体を特殊召喚する。
新兎
新兎

《スターダスト・シンクロン》でサーチできるカードが早速登場。
効果①は発動処理でデッキトップに《想い集いし竜》を置けるって書いてある。
レベル1・ドラゴンは範囲が広いけど素直に置こうか?
一応元祖《シューティング・スター》の連続攻撃チェックの積み込みとしても使えるね。
効果②は「セイヴァー」Sモンスターに世界を救うまで残業を強いる効果。現代の闇。
効果③はシンクロするとドローしたり展開できる。
効果①との組み合わせで単純に好きなカードをドローできるのは強力。
《想い集いし竜》ともコンボになっていて、盤面+2になるのが偉い!
そこから追加シンクロでも《ハリファイバー》でも好きに展開しよう。
このドローのおかげで、裁定でも手札の損失をイーブン以上に持ち込めるのはいいですね。
効果の性質上、【ドラゴンリンク】や【ドラグニティ】【破壊剣】に混ぜて遊べるかな・・・?

《スターダスト・イルミネイト》 

《スターダスト・イルミネイト》 
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「スターダスト」モンスター1体を墓地へ送る。 自分フィールドに「スターダスト・ドラゴン」または そのカード名が記されたSモンスターが存在する場合、墓地へ送らず特殊召喚する事もできる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「スターダスト」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。
新兎
新兎

《スターダスト・シンクロン》でサーチ可能。
《スターダスト・シャオロン》を墓地に送りこめ!
さらにレベル調整もできるゾ。
「スターダスト」をレベルが1つ上がれば《想い集いし竜》+呼んだレベル1ドラゴンとで《シューティングセイヴァースター》になるね。

《セイヴァー・アブソープション》 

《セイヴァー・アブソープション》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「スターダスト・ドラゴン」または そのカード名が記されたSモンスター1体を対象とし、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、 そのモンスターを装備カード扱いとして対象の自分のモンスターに装備する。
●このターン、対象のモンスターは直接攻撃できる。
●このターン、対象のモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊する度に、 その破壊されたモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
新兎
新兎

《スターダスト・シンクロン》でサーチ可能。
限定的ながら対象のモンスターを強化できる。
まるで「機皇帝」のような装備効果は強力。(イラストを見ながら)
攻撃回数の増加から他2つも使いやすいので、ピン刺しで使えそうかな?ややロマン寄りか。

《セイヴァー・ミラージュ》 

《セイヴァー・ミラージュ》 
永続罠
(1):自分フィールドの表側表示の、「スターダスト・ドラゴン」またはそのカード名が記されたSモンスターが、 自分のカードの効果を発動するためにフィールドから離れた場合、 または自分のカードの効果でフィールドから離れた場合に発動できる。 以下の効果から1つを選んで適用する。 このターン、自分の「セイヴァー・ミラージュ」の効果で同じ効果を適用できない。
●そのモンスター1体を選んで特殊召喚する。
●相手のフィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外する。
●このターン、自分が受ける全てのダメージは半分になる。
新兎
新兎

《スターダスト・シンクロン》でサーチ可能な永続罠。
「スターダスト」一族の場を離れる性質を利用して、何らかのアクションを起こせるのが強力。
とくに対象を取らない除外が強く、ダメージ半減や特殊召喚による効果発動機会の増加もいいですねぇ。
特に特殊召喚=もう1回発動できるかもなので。

デッキとしてはどうだろう?

新兎
新兎

今回の追加なら《スターダスト・シンクロン》《光来する奇跡》の追加が嬉しいですね。
ただ、【ジャンクドッペル】で使うよりも《サイキックリフレクター》を中心にした【スターダスト】デッキとして使う方が安定しそう・・・?
ただ、なににしても《ジャンク・スピーダー》から《スターダス・シンクロン》→《光来する奇跡》からの連続シンクロが強いので「ジャンク」要素は欲しいところですね。

新兎
新兎

デッキ度外視で見ても《光来する奇跡》はコンボパーツとしてただただやばい気がしますねぇ・・・
ドラゴン族・レベル1優秀すぎ問題。

動画

見れない人用リンク

新兎
新兎

字幕修正のため、再アップロードしました。
お知らせをくれた方ありがとうございました。

関連記事

ウサギの一言

新兎
新兎

ほどよい強化すこ

コメント

  1. akitoros より:

    「セイヴァー・スター」強化というか「スターダスト」強化というか、ともかく割と迷走気味だったスターダスト・ドラゴンがガッツリ強化されそうで何よりですね。新しいエースモンスターや永続魔法などいろいろ使い道がありそうな感じですがどうなることやら……。ただ、シューティング・セイヴァーの③の効果は今までの同系統の効果と違って効果で場を離れるので、チェーンで除去されたりすると不発になってしまうのが唯一の弱点になっちゃいますね。

    • 新兎(にぃと) 新兎(にぃと) より:

      テキストを見ると「スターダスト・ドラゴン」本人を使う意義を出すための強化ぽく思います。
      少なくともセイヴァーを使う分には「スターダスト」Sよりも優先度が上がりますし。
      効果で除外は止められやすいのが考え物ですよね

  2. 匿名 より:

    書き込み失礼します。
    ジャンクスピーダーでジェット・ジャンク・スターダストシンクロンとレベル2のシンクロンを出せば、
    ①スターダストで光来する奇跡サーチ→発動で願い集いし竜をデッキトップに
    ②ジェットとスピーダーでレベル6シンクロ→ジェットでジャンクサーバントをサーチ、光来する奇跡で願い集いし竜をドローして特殊召喚
    ③レベル6シンクロとレベル2チューナーでスターダストドラゴン
    ④ジャンクシンクロンがいるのでサーバント特殊召喚→ジャンクとサーバントでシューティングライザー→シューティングライザー効果で自身をレベル2に
    ⑤スターダストドラゴンとシューティングライザーでシューティングスター→シューティングスターと願い集いし竜で新セイヴァー
    これで新セイヴァーで3回攻撃出来ますね!

    • 新兎(にぃと) 新兎(にぃと) より:

      遊星関係のカードだけで使っても達成できるのがいいですね。

      スピーダーでスターダスト、ジャンク(あるいはスチーム)、フルール、ジェットを特殊召喚。
      スピーダー+ジェットでレベル6シンクロ、ジャンクコンバーターサーチ。
      光来の奇跡で集いし竜を積み込み。
      フルール+レベル6でスターダストドラゴン
      フルールでコンバーター特殊召喚。ドロー、集いし特殊召喚。レベル1ドラゴン特殊召喚。
      スターダストシンクロン+レベル1でアクセルシンクロン。効果でレベル2へ。
      アクセル+スターダストでシューティング
      集いし+シューティングで新セイヴァー
      (レベル3シンクロン+コンバーターでレベル5シンクロ
      こんばーたーでアクセルかレベル3蘇生してレベル10アクセルシンクロ、クリスタルなど)

      スピーダーの効果は可能な限り特殊召喚してしまうので、シンクロン以外のレベル5を採用していない限りはクイック2枚以上採用パターンですね
      こちらは最後の()をなくすならレベル1ドラゴン不採用にして「レベル3+コンバーターでアクセル」で3回攻撃に到達できました(フルールは遊星カードじゃないですが・・・)
      構築やシンクロンの消費数などにもよって変わってくるので、その都度、使い分けていきたいですね!

  3. 胡蝶しのぶ より:

    やるなら、両方のセイヴァー対応強化にして欲しかった。今後セイヴァーデモンの方もにたことやるの?になりますし。

    • 新兎(にぃと) 新兎(にぃと) より:

      光来と集いし竜に関しては共用できるので、最悪スカーレッド・セイヴァー・デモン(仮)さえきたら使い分けすればいいかな(現状はスターダストシンクロンを抱えるスターダストの方がうまく使えますが)と思います。
      今回に関してはスターダストの個性としてセイヴァーを使ったという感じでしょうか