【遊戯王】ファンデッキの味方《トランスターン》と《ダウンビート》!キーカードへアクセスせよ!!

遊戯王
遊戯王

 
新兎
新兎

デッキの回転を重視したいとき向けのカードだよ。

ファンデッキの味方《トランスターン》と《ダウンビート》!キーカードへアクセスせよ!!

《トランスターン/Transmodify》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 墓地のそのモンスターと種族・属性が同じで レベルが1つ高いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。

《ダウンビート/Downbeat》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体をリリースして発動できる。 リリースしたモンスターと元々の種族・属性が同じで 元々のレベルが1つ低いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
新兎
新兎

《トランスターン》と《ダウンビート》は属性・種族が同じでレベルが1つ違うモンスターをデッキから特殊召喚できちゃう便利カード。
え?
盤面にコストを要求するな?手札消費が多くないかって・・・?

新兎
新兎

いやいや、出てくるカードが巻き返せばいいんですよ、はい。
と、いうわけで魅力は何といっても本来サーチできない・しにくいカードを引っ張り出せることで、その1枚から展開できるデッキでの採用を見込めるゾ。
欠点としては、先述の素材になるモンスターを盤面に用意することと手札消費ですね。
だけど、ロマンの前では些細な問題。
現代遊戯王は1枚から2枚3枚と数が増える錬金術ワールドなので、それを狙えばいいのです。まあ、そもそも採用するデッキ自体がキーカードのサーチに困っていたり、そもそもテーマとしてカードが少なくてスロットが開いているのを前提としていますので・・・
ウサギは過去には《孵化》と併せて【インゼクター】、少し前だと《ベイゴマックス》を引っ張るために【スピードロイド】。
最近だと【WW】で使ってみました。

新兎
新兎

やや過剰な気はするけど、《アイスベル》で展開した耐性付モンスターが残っているときに2枚目の《アイスベル》を《グラスベル》にかえて《フリーズベル》サーチで横を伸ばせるのはいいなって思いました(こなみ)

新兎
新兎

これ、ウサギも勘違いしやすいルールなのですが《トランスターン》の方は「墓地に送る」コストなので、ペンデュラムモンスターやトークンなどには使えないので注意が必要です。

ウサギの一言

新兎
新兎

属性・種族が一致してないとダメですが「デッキを回したい」時に採用を検討してはいかがでしょうか?

コメント

  1. 匿名 より:

    トランスターンといえばガガガのイメージ
    シスターでリベンジサーチしてトランスターンでガールを特殊召喚
    リベンジでシスターを蘇生してガールとレベル5になってマシュマック1キル!
    アド損?1キルすれば関係ないね

    • 新兎(にぃと) 新兎(にぃと) より:

      そう、手札もなにも、次のターンあってこそ!
      次がないなら使い切ってしまえばいいの精神大好き。