【遊戯王】ラッシュデュエルっぽいハウスルール

新兎
新兎

ラッシュデュエルに便乗したハウスルールの考案。
とても需要の無い記事なので暇な人だけ見ていってね。

ラビットデュエル!

OCGとの違い:盤面

新兎
新兎

モンスター関係のフィールドはこんな感じ。
リンクスやスピードデュエルのような3マス構成。

新兎
新兎

ほら、こうしないとダークナイトとかデコード・トーカーがね・・・?

リンクモンスターゾーンに出せるのはリンクモンスターのみ

新兎
新兎

リンクモンスターゾーンに出せるのはリンクモンスターのみ。
そして、お互いのプレイヤーは、3マスのうち1マスだけ空いてる好きな場所を使えます。
メインモンスターゾーンに出す場合はEX以外からの特殊召喚、あるいはリンク先のみといつも通り。

新兎
新兎

あと、蘇生などEX以外からの特殊召喚時も。リンクモンスターゾーンに出せます。
もちろん、自分のリンクモンスターが3マスの中にいない場合ですが。

P、融合、シンクロ、エクシーズはメインモンスターゾーンにのみ出せる

新兎
新兎

デルタアクセルシンクロ?
かなりきついです、このルールでは諦めてください。

デッキ枚数、初手、ドロー枚数について

デッキ枚数は30~50枚、EXは7枚

新兎
新兎

デッキは30枚。
と、とりあえずいうけど、特に想定はないです。
けど、芝刈りとかの存在を考えると30枚~50枚なら好きな枚数で。

新兎
新兎

EXは7枚。
メインデッキを中心に遊んでもらいたいから少な目に・・・

ライフポイントは8000

新兎
新兎

4000ではおおよそ現代のカードパワーに耐えられません。

初手は4枚。2ターン目1ドロー、3ターン目以降は2ドロー

新兎
新兎

序盤だけはゆったりしましょう。

フェイズと召喚ルールについて

・ドロー
・スタンバイ
・メイン
・バトル
・エンド

新兎
新兎

リンクスと同じでメイン2なし。

新兎
新兎

剣闘獣には申し訳ない。

召喚は合計レベル以下になるように同時に行える

新兎
新兎

レベル4×1

新兎
新兎

レベル2×2がこのルールでは等価なのだ。
え・・・、釣り合わない?
そんな馬鹿な。

同じレベルのモンスターを捨てて、アドバンス召喚。

新兎
新兎

手札のレベル8モンスターを捨てて、ブルーアイズをアドバンス召喚できるゾ!
もちろん召喚権を使います。
あと、墓地に捨てたモンスターの「墓地に送られた」効果は一切発動しません、なぜか?
ぞういうルールだから。

新兎
新兎

ただ、アークブレイブみたいな、墓地に送った瞬間じゃないものは発動します。
理由?
遅行性の効果だからまあ、悪さしにくいだろーなーっていうアレ。

バトルフェイズ中に特殊召喚できる!

特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。 この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻1700/守 800
(1):自分フィールドに「BF-黒槍のブラスト」以外の 「BF」モンスターが存在する場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、 その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

新兎
新兎

召喚ルール効果もちは自分のバトルフェイズ中にも特殊召喚できるのだ。

新兎
新兎

迷ったら、「発動できる。特殊召喚する」って書いてなければOKだと思えばいいかと。
え?てきとうすぎる?まあ、まあ・・・

手札からモンスターを捨ててダメージ軽減

新兎
新兎

相手のバトルフェイズダイレクトアタック限定で、手札のモンスターを捨てて「その守備力分ダメージを軽減」できます。
この時捨てたカードの効果も発動しません。
もちろん、アークブレイブ君みたいに後々発動するカードはOK。

ウサギの一言

新兎
新兎

どうだったでしょうか。
一人寂しく回してみたら@イグニスターや転生は、まあ、EXの少なさを気にしなければ回せました。
まあ、EX少なくても動けるドラグーンが結局強かったりしますが、それはそれ。

新兎
新兎

気づいた方もいるかもしれませんが、召喚ルールやバトルフェイズ中の特殊召喚など、かなりルールが【方界】に有利な要素が多いです。
なぜか?
1ターンで一気に高次元になっていく動きがかっこいいからなのだー