トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋
悲願達成SALE

【遊戯王】採掘、「アダマシア」は岩石・属性デッキ強化のシンクロテーマだ!回し方を紹介!【魔救】

新兎
新兎

モンハンもブレワイも採掘・・・
ソシャゲも石集め・・・
みんな石が大好きだよね

新兎
新兎

かわゆー

案内板だよ!

デッキは鉱山、採掘テーマ「アダマシア」

「魔救(アダマシア)」カードたち

魔救の追求者(アダマシア・シーカー)


チューナー・効果モンスター
星2/地属性/岩石族/攻1200/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「魔救の追求者」以外の「アダマシア」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

魔救の探索者(アダマシア・リサーチャー)


チューナー・効果モンスター
星2/地属性/岩石族/攻 100/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「魔救の探索者」以外の岩石族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

魔救の分析者(アダマシア・アナライザー)


チューナー・効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1500/守 700
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

魔救の奇石-レオナイト(アダマシア・クリスタ~)


効果モンスター
星4/炎属性/岩石族/攻 0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「アダマシア」カード1枚を選んでデッキの一番上に戻す。
(2):このカードが墓地に存在する場合、 自分のフィールド・墓地の炎属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。

魔救の奇石-ラプタイト(アダマシア・クリスタ~)


効果モンスター
星4/風属性/岩石族/攻 0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から岩石族モンスター1枚を選んでデッキの一番上に戻す。
(2):このカードが墓地に存在する場合、 自分のフィールド・墓地の風属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。

魔救の奇石-ドラガイト(アダマシア・クリスタ~)


効果モンスター
星4/水属性/岩石族/攻 0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、 自分のフィールド・墓地の水属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。

魔救の奇跡-レオナイト(アダマシア・ライズ)


シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/岩石族/攻2400/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から「アダマシア」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
(2):相手ターンに、自分の墓地に炎属性モンスターが存在する場合、 自分の墓地の岩石族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

魔救の奇跡-ラプタイト(アダマシア・ライズ)


シンクロ・効果モンスター
星6/風属性/岩石族/攻2200/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から岩石族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
(2):相手ターンに、自分の墓地に風属性モンスターが存在する場合、 相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

魔救の奇跡-ドラガイト(アダマシア・ライズ)


シンクロ・効果モンスター
星8/水属性/岩石族/攻3000/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで 持ち主の手札に戻す事ができる。 めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
(2):自分の墓地に水属性モンスターが存在し、 相手が魔法・罠カードの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

アダマシア・ラピュタイト


フィールド魔法
(1):自分フィールドの岩石族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、 好きな順番でデッキの一番上に置く。

魔救の息吹(アダマシア・サイン)


通常魔法
(1):自分の墓地の岩石族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合には、 さらにデッキからレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。

魔救の救砕(アダマシア・リザーブ)


通常罠
(1):自分フィールドの「アダマシア」モンスターを任意の数だけリリースし、 その数+1枚だけフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

魔救の共振撃(アダマシア・レゾナンス)


カウンター罠
(1):自分フィールドに「アダマシア」Sモンスターが存在し、 モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

新兎
新兎

以上13枚。
一気に1テーマ公開されましたね。
チューナーの乗り手(人型)+騎乗ユニット(モンスター)に乗るシンクロだけど、ドラグニティとは逆パターンだね。
シンクロといえば、この「純白の兎」と呼ばれた新兎の出番だねぇ~♪

おぅる
おぅる

は、初耳・・・

イラストから見る背景ストーリー

新兎
新兎

チューナーは人型。
非チューナーは卵のようです。
シンクロ体のモンスターはその卵から孵ったモンスターのようで、人間と共生関係にある模様・・・?

協力関係にあると思う理由

新兎
新兎

共生関係にあると読み取れるのは「魔救の救砕」のカード名から。
明らかに卵を叩き割っている同族を襲う行為を人間としているあたり、叩き割らないと孵らぬまま死んでしまうから?かなっと思ってます。
ゆえに救砕=救済。
さすがに研究材料の確保に使っているだけなら救済と書けたネーミングはしないと思うのだ。

そもそもなぜ共生しているのか?

新兎
新兎

この辺りはあまり読み取れませんが、「刷り込み」か「種族的要因」でしょうか。
一番しっくりくるのは「刷り込み」で、初めに見たチューナーを親と思って協力している・・・
これだと、研究に利用されている感が強くなりますが、一番納得できるところ。
チューナー側がやや不穏に見えますが。

新兎
新兎

そして、もう一つは「種族的要因」。
「アダマシア」の人間も岩石族だからなついている説。
まあ、この場合、素材指定がないので、「チューナー」に協力的な生態という方がしっくりきますが。

今後の展開

新兎
新兎

王道で行くならダンジョンの奥地に潜む闇の奇石から生まれた奇跡が敵ポジションとして追加されそう。
分析者と探索者のダブルチューニングでレベル10くらいのやつね・・・
そして、2人を救うために追求者が2属性シンクロやら光の奇石とシンクロして、光の奇跡に至るという・・・

新兎
新兎

異なるレベル10シンクロの戦いとか熱い展開だな!

新兎
新兎

・・・(大体、星遺物物語だな)

魔救(アダマシア)の特徴・使い方について

目指したい動き:連続シンクロ6→8

レベル2チューナー召喚、効果で「奇石」を特殊召喚。
(※1)
2体で奇跡ラプタイトにS召喚。
ラプタイトの効果で(※2)を特殊召喚。
レベル2チューナー+ラプタイトで奇跡ドラガイトをS召喚。

(※1)(※2):どちらかでレベル2「魔救」を自己かラプタイトで特殊召喚。
レベル4分析者を引いたら、サテライトウォリアーもあり。

新兎
新兎

どうしても運が絡むデッキなので、「奇石」、ラピュタイト、息吹の積み込み効果で成功率を高めましょう。

デッキトップ5枚の中身が鍵。岩石族に展開力を与える「アダマシア」

(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

新兎
新兎

テーマ内のチューナー3種はそれぞれが自己特殊召喚効果を持ってますね。
さらに効果②は共通テキストで、デッキトップから非チューナーを展開します。
そして、非チューナー「奇石」は特殊召喚されると効果を発動するモンスター群で、特にドラガイト(水属性)は1ドローできる優れもの。

レベル2・チューナー
追求者、探索者

レベル4チューナー
分析者

レベル4
3種の「奇石」モンスター

新兎
新兎

テーマ内の分布がこんな感じだから、展開からレベル6,8のシンクロかランク4エクシーズが狙いやすいのだ。

シンクロモンスター「魔救の奇跡」と「採掘」能力

新兎
新兎

そして、展開したら早速シンクロ!
キラキラ輝くシンクロモンスターで戦場を彩っちゃおうかっ!

新兎
新兎

シンクロモンスターもデッキトップから5枚をめくってアドを稼ぐよ。
レベル6シンクロの2体は、それぞれ、手札、盤面のアド稼ぎ。
その場その場で使い分けて、レベル8シンクロを目指そう。

(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から岩石族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚できる。

新兎
新兎

特にラプタイト(風属性)はめくった中にレベル2チューナーがいたらレベル8シンクロができるので重要。

新兎
新兎

そして、切り札枠のレベル8シンクロ「ドラガイト」
効果が強力で、対象を取らないバウンスができちゃうのだ、これは強い。
どれくらい強いかというと、効果が通れば「超魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズ」や「ヴァレルエンド・ドラゴン」すら除去できるほどのヤベー効果だゾ。

新兎
新兎

(通せばね)

おぅる
おぅる

心の声を隠して・・・

「魔救の奇跡」、第二の輝き「属性強化」

新兎
新兎

ちなみに、「奇跡」モンスターたちにはもう一つの効果があります。
それは、特定の属性が墓地にある時に発動できる、もう一つの輝き・・・

(2):自分の墓地に水属性モンスターが存在し、 相手が魔法・罠カードの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

新兎
新兎

例えば、ドラガイトならこんな感じ。
この効果もなかなか強力なので、(特にドラガイトは)属性デッキへの出張も考慮できるのだ。

相性がよさそうなカードたち

新兎
新兎

岩石族サポート、属性強化、展開力を持っているテーマなのでいろいろ合わせやすいゾ・・・

リゾネーター・レッドデーモン系

新兎
新兎

安易だけど、初動の強化にリゾネーターズ。
コール、クリムゾン、レッドを足すことでレベル4「奇石」引きすぎて動けない!というのを解消。

連続シンクロ関連

新兎
新兎

連続シンクロということで、場合によりクリスタルウィングなどと使い分けましょう。

磁石の戦士

新兎
新兎

磁石の戦士はレベル3,4の岩石族テーマ。
レベル3が入ることで神子イヴ(水属性)を経由しやすくなったりして幅が広がります。

新兎
新兎

地属性の割合が増えることで、【アダマシア】だけでは使いにくいブロック・ドラゴンや怒気土器が使いやすくなるのもメリット。

効果モンスターが2体、来るぞ・・・

新兎
新兎

2体並べやすいのでアナコンダドラグーン不可避。
好きではない流れですが、真実なので一応・・・
メリットとしては手軽なフィニッシャー確保と運が絡む連続シンクロの保険です。
縛りも特にないので、ハリファイバーなどにもつなぎやすいのも強み。

ウサギの一言

新兎
新兎

テーマ単体で組める枚数と質はあるけど、やや悪さする方向での活躍が目立ちそうなテーマですね・・・