【遊戯王】「王」の巣窟、最強カップリングは・・・?

おぅる、です。
新兎ちゃんがサボっているので代わりに更新、です。

・・・・・・

「王」と書いて「ジェネレイド」。
とてもかっこいい、ですよね?
今回はそんな【王】というテーマを紹介しちゃいます。

・・・王とは・・・

・レベル9という貫禄
・相手にドローさせる余裕
・さまざまな属性、種族にまたがる、種族の統治者
そんな特徴のテーマ、です。
さらに、王か特定種族をリリースして何らかの効果を使うモンスターが多く、王というだけ会って、同じ名前の王は1体しか存在できません。

・・・王の面々・・・

それでは王たちを見てみましょう。

光の王マルデル。
素直なサーチ効果を持っています。

植物族なので、ローンファイア・ブロッサムをはじめ、さまざまなサポートを受けられます。

・・・

剣の王フローディ。
普通に使うと、アド損する王、です。
効果はフリーチェーンなので、相手がドローするよりもお得なモンスターを考えて除去したいところ。

王カード以外だと便乗なんかが相性がいいです。

・・・

鉄の王ドヴェルグス。
場の機械か王をリリースして、手札の機械か王に変換します。
相手の除去に合わせて使ったりしましょう。
機械族はそこそこ展開力があるので、場に出せるなら出張もありだと思います。

ガン攻め、です。

・・・

死の王ヘル。
場の王かアンデット1体を、墓地の王かアンデットと入れ替えます。
ヘルも除去やエンド時にフローディに変換したりするとアド、です。
種族もあり、出張しやすいですね。

・・・

炎の王ナグルファー。
自分のカードの破壊を、獣戦士か王に置換できる効果、です。

守備力200の炎属性といえばコレ。
名前どおり獣戦士の多く、破壊されたときに効果誘発する【炎王】とは相性がいい、ですね。
炎王襲来なんかもありますし。

・・・

氷の王ニーズヘッグ。
分かりやすく強いテキストの王、です。
幻竜族なので、かわったサポートを受けられるのが特徴、かな?

・・・

永の王オルムガンド。
ランク9エクシーズで王の王。
お互いに1ドローさせ、その後に1枚ずつ徴税する王様。
さらに素材の数だけパワーアップします。
効果発動に素材を1つ使いますが、その後に2枚素材が増えるので、毎ターン1000ずつ大きくなります。

・・・王は同名2体でエクシーズできないテーマなので、カップリングが作れます。

・・・

王の舞台。
相手がデッキから手札にカードを加えた場合に、デッキから王を踏み倒します。
最低でも、ドローフェイズのドローで展開する恐ろしいカード、です。
トークンは王たちのコストとして使いましょう。

・・・

王の報酬。
正直、なんともいえないカード、です。
攻撃制限を行いますが、主に追うの盾になるのは攻撃力の低いジェネレイドトークンなのが・・・
また、相手がドローする効果も、ほぼほぼデメリットです。

・・・

王の試練。
手札入れ替えカードで安定感を支えるカード、ですね。
サーチは現状は王の舞台となにか、といったところで、試練か襲来、支配あたりでしょうか。

・・・

王の襲来。
先述の王の舞台をリクルートし、さらに効果も起動させます。
王の舞台は王デッキの動きの要なので、重要。

・・・

王の憤激。
オルムンガンドを育成するカード、です。
ロマンカードですが、下準備が必要なので、試練でサーチするのも考慮して、1枚採用かな・・・?

・・・

王の支配。
支配、いい言葉、です。
相手の妨害カードを手札1枚と引き換えに「お互いに1ドロー」に置換します。
これにより、舞台を誘発したり、王を守ったりできます。

・・・王と仲のいいカード・・・

過去に環境を騒がせたカード。
レベル9が並ぶので、相性がいい、です。

・・・

レベル9、属性・種族がベラバラなので、相性抜群。

・・・王の戦略・・・

とにかく王の舞台がなければ始まりません。
舞台を張る→相手のドローに合わせて、王モンスターとトークンを可能な限り出します。
出す王は状況しだいで・・・
・手札に追うが多くある→ドヴォルグス
・とりあえずの安定択→ニーズヘッグ、フローディス
・バックや手札誘発で守れる→マルデル
といった感じでしょうか。

場が安定したらナグルファーをだすと盤面が堅くなります。
墓地に王が揃ったならヘルでマルデルをグルグルすることでアドも稼ぎます。

なににしてもとにかく王の舞台の死守が命題となります。

・・・

【王】としては舞台に依存しすぎているほどに依存したデッキです。
バックの除去が得意な相手にはかなりの苦戦が強いられますが、そういったものがない、少ないデッキ相手なら盤面をグルグルできます。