【FE風花雪月】キャラの感想(青獅子の学級:前編)

おは新兎。
みなさん、FE風花雪月、遊んでいますか?
1週間経ったので、早い人はすでに3ルートともクリアしてるかも?
私はやっと、1ルート目の終盤です。

まあ、前置きはこのくらいにして本題。
今回は青獅子の学級の学園編でのキャラごとの感想を書いていきます。

・・・キャラ感想・・・

ディミトリ。
発売前からこのザ・王子様のルート選ぶ気でいたので、主人公は女の子で始めました。男の子でもムフフだけど、たぶんそれはクロードのほうが似合うので。

クラスは貴族→兵士→ソシアル→パラディン。
専用職のロードより騎兵にしたい顔なのでソシアルにしましたが、すごく使いやすかったです。
聖戦、トラキア、蒼炎、暁と同じく、再移動スキルがあるのがいいですね。
ステータスも力がググっとのびて、守備、技が良好、早さも結構な成長だったので、本当に魔法くらいしか穴がない感じでした。

ストーリーでの感想は、過激な面がすごく目立ちましたね。そこも好きですけど。
あと、私(主人公)のことを「先生」と呼んだと思ったら「お前」「お前」と呼んできます。
ドキっとするより、なんか怖い。

支援会話はドゥドゥー、シルヴァン、フェリクス、メルセデスが好きでした。
裁縫をしたら針を折るバカ力王子w

・・・

ドゥドゥー。
ディミトリの側近。
見た目に反せず、まじめでお堅い感じの人・・・だけど、かえってそこがいいです。
なんかもうかわいいといってもいいくらいのキャラクターです。

クラスは平民→兵士→アーマー→フォートレスにしました。
個人スキルが「待機したら守備+4」というもので、もはやアーマーで使えといわんばかりの性能で、機体を裏切らない壁性能でした。
物理なら、とりあえずドゥドゥーで釣ればいいというレベルでした。

支援はディミトリが正統派でよくて、家事性能の高さからシルヴァン、アネット、フレンとの絡みがよかったです。
背景ストーリー事情に関わる情報を得られるキャラの一人で、差別や個人を認めるといった話が多め。

・・・

フェリクス。
ディミトリたちの幼馴染で、決闘厨。
空気を読まずに手合わせ手合わせといいます。
正直、第一印象では好きじゃなかったキャラです。

が、支援を見たら印象が大逆転。テノヒラクルーですよ。
皮肉屋だけど、実際は周囲を見守る熱血漢でした。

クラスは貴族→剣士→アーチャー→アサシン。
キャラクターとしては剣士なんですが、スキルや紋章が火力マシマシなので、アーチャーのほうが向いてるかなと思い弓職にしたら大活躍でした。
アサシンは速さがグングン伸びるのはいいのですが、アーチャー系の射程+1がなくなり、魔法使い系を一方的に殴れなくなったので使い勝手が少し悪く感じました。
たぶん、射程+1が強すぎるだけですが。

支援はフェリクスの印象を大きく変えてくれるので、誰のを見てもいいと思います。
一部支援というか喧嘩に近いですがw

・・・

メルセデス。
おっとりお姉さんと言うと一瞬でキャラを理解してもらえると思います。
良くも悪くも、本当におっとりお姉さんです。

クラスは貴族→修道士→プリースト→ビショップ。
素直に育てると魔力、速さ、魔防がとんでもなくのびて、かといって物理防御も弱くはないという魔王性能です。
杖もリブローとリザーブを覚えるので使いやすく、「回復した分、自分も回復」する個人スキルをもっているので固いヒーラーです。
アーマーが出始めるとアタッカーとしてのつよさが顕著になります。

支援はシルヴァンが特によかったです。
シルヴァンがあまりみせない弱さを見せる数少ないキャラでした。

・・・

アッシュ。
明るい好青年。
ただ、すこし影が薄いかな・・・?

クラスは平民→戦士→アーチャー→スナイパー。
技と速さが伸びるのですが、力が・・・
アーチャーは職が強いので削りとして使っていました。
あと、スキルによる鍵開け係。
途中からツィリルに取って代わられたので、差別かもかねて盗賊にしておけば・・・と公開しているキャラです。

支援はイングリットとのオタ会話が好きです。
あとディミトリとのやりとりもクスリとしましたね。
性格もあって全体的に穏やかな会話が多く、平民のアッシュの思い描く騎士像の話のやり取りもよかったです。
そっちの話はフェリクスとシルヴァンかなーやっぱ。

・・・

アネット。
青の学級の可愛い系担当って幹事の女の子。
おしゃれ好きで明るい子です。

貴族→修道士→メイジ→ウォーロック。
アネットもフレン加入で不在が多くなったキャラでした・・・
性能としてはバランスがよくて使いやすい魔道士です。
アーマーが多いマップでは活躍できると思いますが、弓やペガサスなど、けっこう普通の魔道士には厳しい環境な風半雪月な印象。

支援はドゥドゥーとシルヴァンがよかったです。
シルヴァンとは男女の関係には絶対にならないんだなって感じがすごかったですねw

・・・

シルヴァン。
超絶チャラ男。
泣かせた女は数知れず、付き合うならば軽い関係が大前提な女の敵。
そんな感じのキャラクターですが、私はかなり好きです。
ぜひ、支援を見てくださいね。
ストーリーの重いものを割りと背負ってる。

貴族→兵士→ソシアル→パラディン。
なんか騎兵っぽいよね。
だからパラディンにしたら、使いやすいんだけど、一歩足りない性能って感じに落ち着きました、
再移動をいかした弓でのヒットアンドウェイをしていたので、最上級は棒ナイトと決めていたユニットです。早期から専用武器が手に入るのが強みかな。

支援はかなり良好でだれのものも一定値以上だと思います。
ディミトリ、フェリクスとの支援で付き合いのよさがわかります。
メルセデスとは紋章についての想いをかなり溜め込んでいるのが分かります。
女性関係ではクズですが、アッシュやアネットとの会話から、かなりの善人で努力を重んじているのが分かるのもいいですね。
分かりますばかりいってますけど、実際、本心を隠している(悪い意味ではないです)キャラなので・・・

・・・

イングリット。
まじめ、優等生で周りを気にかける女性。
この大陸における紋章の重さがわかるキャラの一人です。

貴族→兵士→ペガサス。
ペガサス系の上級がなかったので、急遽ドラゴンナイトを目指すも斧の熟練度が間に合わず、後編でそのまま最上級に・・・w
個人スキルもあって、飛行で強襲、計略でダメージとったり引き寄せたりと便利でした。
飛行ユニット全般に言えることですが、飛行弓(とくに曲射)は危険を抑えて敵を釣れるのでいいですね。

支援はアッシュ、シルヴァン、アネット、メルセデスがよかったかな。
自分が目指したいものと、生まれによる定められた将来とのハザマで苦しんでいるのが分かります。

・・・

フレン。
天然な箱入り娘なのはほぼほぼ兄のせい。

プリースト→踊り子。
リザーブ、踊りができる上に外伝で手に入る装備のおかげで射程3マス魔法攻撃ができる超便利ユニットに。
魔防が高いので魔法壁としても機能します。
踊りは騎兵ユニットとのシナジーがやばい。

支援はシルヴァンのCがすごく笑えました。
あの兄のせいですね。
フェリクスやドゥドゥーもよかったよ。

・・・

ツィリル。
修道院で働く孤児で、レア様を尊敬している少年。
レア様によった考え方をしますが、まっすぐで、仕事に存在価値と居場所を見出している少年です。
そして、FEのいわゆる「農民枠」のキャラ。

平民→戦士→アーチャー→スナイパー。
「良成長」のおかげで不安なく育てられます。
強いユニットが強い職についたら最強じゃないか!と思て個人的に強いと思っているアーチャーに。
射程は正義。
2週目でも運用するならグラップラーとかにしようかなと思ってます。

支援は彼の境遇についてのお話がほとんど。
将来とか、ツィリルにとっての幸せとかの話です。

・・・

引きこもりを一人引き抜きました。
ベルナデッタ。
極度のコミュ障で引きこもり、追い込まれると無意識に行動してしまう子。

アーチャー→スナイパー。
本人談+スキルにより弓がかなり合ってます。
攻撃面強めの成長(特化ではないです)でスキルもあって火力は結構でます。

支援は主人公、フェリクス、シルヴァン、どれも面白いです。
ここでもシルヴァンの気遣いが見られます。

・・・

まだ3ルート終えたわけじゃないですが、青の学級は一番最初にプレイするのがいいのではないか?と感じました。
理由としては支援により、背景ストーリーに出てくるダスターの悲劇について、これでもかと話題に出るからです。
また、シルヴァンあたりは紋章の価値とか悲劇をみせてくれるので、世界観が分かりやすいと思います。

まあ、他のルートをプレイしたら変わるかもしれない意見ですけど。

それでは続きをプレイしてきますね。