【メモ帳】コーヒーの淹れ方

ドリップコーヒーの淹れ方をメモるよ。

・・・準備・・・

まずはお湯を沸かして、サーバーとカップを温める。

お湯を注ぐポットは口が細いものがいいそうです。
お湯の温度は90~95度がいいみたいです。
温度が高いほど、味が出るのが早く、低いほど遅いって。

・・・蒸らす・・・

さあ、淹れましょう。
まずフィルターをセットしますが、つなぎ目を折り曲げて外側になるようにセットします。

そして、コーヒー粉を人数分フィルターに。
1杯=10gほどが目安だそうです。

ついにお湯を注ぎます。
粉の真ん中に小さめの円を描くように注ぎ、全体になじませます。
泡が膨らんだら、お湯をストップ。
この状態で30秒ほど蒸らします。
濃い味が好みなら1分ほど待つがいいみたい。

この最初の一滴目が一番おいしいコーヒーなんだって!

ちなみにフィルターにお湯がかからないようにするそうです。
フィルターを伝ってお湯が落ちるので、おいしいコーヒーができないみたいです。

・・・・・・

・・・・・・

・・・お湯を注ぐよ・・・

蒸らしたら、続いてお湯を注ぎます。
コーヒーの中心を「の」を描くように500円玉の大きさをイメージして注ぐ。
泡が膨らんできたらお湯を止めて、ドリップされるのを待ちます。
お湯が3分の1くらいになったら続けて注ぎます。
こうして予定の人数分を注いだらおしまい。

この時、全部ドリップしてはいけません。
蒸らすときに書いたけど、コーヒーは最初がおいしくて、後になるほど雑味が出るそうです。
だから、最後の一滴は絶対に落としてはいけないそうです。

よし、お勉強したし、淹れてみよう。。。